【4565】そーせいG 471 【口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ錠口腔用50mg」2/4発売】

フォローする

1 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:30:32.64 ID:Ajc8wsJk0.net
関連URL
https://www.soseiheptares.com
http://soseiheptares.blogspot.com
https://www.youtube.com/channel/UCVIItbR5X7eoIwbgVrsR-dg
http://www.jitsubo.com
http://www.soseicvc.com
http://minatx.com
http://www.pluristem.com
※前スレ
【4565】そーせいG 470 【Novartis Q4 and Full Year Results 2018: 1/30】
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1547715657/l50


VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:—-: EXT was configured

2 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:31:52.02 ID:Ajc8wsJk0

次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)
※厚生労働省:製造販売承認され、薬価基準への収載希望があった医薬品について、薬価基準に収載告示(11/28薬価収載)。薬価基準名:「オラビ錠口腔用50mg」、成分名:ミコナゾール、規格単位:50mg1錠、薬価:1,181.70円。11/28より適用。(11/27)
※富士フイルム富山化学:製品情報:「オラビ錠口腔用50mg」医薬品インタビューフォーム2018年11月改訂(第2版) 製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学:[製造販売承認年月日:2018年9月21日] [薬価基準収載年月日:2018年11月28日] (11/30update)
※Sosei Heptares_HP “Renewal up”:「Sosei Heptares」はそーせいグループのコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1up)
※Sosei Heptares:「グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドをSosei Heptaresとしてリブランディング開始」日本・英国におけるブランドアイデンティティを維持・強化。これに伴い、当社ウェブサイトをリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※富士フイルム富山化学:製品情報:添付文書(更新) 口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/3update)

3 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:32:10.84 ID:Ajc8wsJk0

※富士フイルム富山化学:「口腔咽頭カンジダ症治療剤オラビ錠口腔用50mg薬価基準収載のお知らせ」本剤は、口腔咽頭カンジダ症治療剤としては、本邦初の1日1回投与の口腔粘膜付着錠であり、発売は2019年2月4日を予定しています。発売の際には改めてご案内させて頂きます。(12/4)
※Sosei Heptares:開発:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffield, SITraNの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病(MND)の前臨床モデルを用いたHTL0014242の前臨床試験における結果を発表。(12/9)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※Sosei Heptares:開発:「健康な治験者を対象としたHTL0018318の単回及び複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態」(ACNP Presented: 12/12) これらの良好な安全性及び薬物動態データはAD及びDLBを含む認知症における認知機能障害の対症療法として、HTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第b 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブ併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指す。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(2019/1/1)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: “Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018 – Europe +9.7%, Japan -0.8% and ROW +27.3%.”, CEO Commented: “We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma.” (1/3)

4 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:32:38.68 ID:Ajc8wsJk0

※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : “Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists”: (University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares). (1/3 Published) (1/6up)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635開発でマイルストン達成。第相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Sosei Heptares Presentation: “Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals.” (1/7 Presented)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis Presentation: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: “QVM149 Asthma, (2019 Submission)”, With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: “QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)”. (1/7 Presented)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: “CNS: Our Portfolio: Neurodegenerative Disorders: Alzheimer’s Pipeline: AGN-242626 (AD).” ; Pharma Pipeline (CNS): “AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease”, “AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease”. (1/7 Presented)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Vectura Presentation: “In-Maket Sales: Ultibro $515m; Ultibro & Seebri Total $688m, Growth 7.9%; LAMA/LABA Value Share Europe: Ultibro 47%; Potential Key Growth Catalysts: China; Key 2019 Catalysts: QVM149 P3 Results and Submission.” (1/10 Presented)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」英国薬理学会主催のPharmacology2018(12/18-20)に出席し、二つの発表。[免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組み]、[ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験] (1/10up)
※Sosei Heptares:「第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス(1/7)プレゼン資料(和文)」。現在26の開発プログラムを保有。新規候補が2019年の価値創出に向けて待機、新たな提携を積極的に追求。自社開発PLが急速に進展中、複数の候補品が臨床試験へステージアップする見通し。(1/16up)

5 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:33:10.79 ID:Ajc8wsJk0

※Sosei Heptares:製品情報(更新):日本:「オラビ錠口腔用 50mg」(2019年2月4日発売)、Indication: 口腔咽頭カンジダ症、Partner: 富士フイルム富山化学株式会社。(1/25update)
※Allergan Q4 and Full Year 2018 Earnings Conference Call Presentation: Pharma Pipeline by Development Phase 1 Programs: “AGN-242626 (M4 Agonist: Alzheimer’s Disease, CNS)”, “AGN-242071 (M4 Agonist: Alzheimer’s Disease, CNS)”. (1/29 Presented)
※Sosei Heptares:「シーブリ・ウルティブロの業績」:「ウルティブロ」Q4売上122百万米ドル(5%増)、2018年間売上454百万ドル(8%増)、「シーブリ」Q4売上37百万ドル(9%減)、2018年間売上151百万ドル(4%減)。「QVM149 (気管支喘息) 」承認申請予定:2019年。(1/30)
※Novartis Q4 and FY 2018 Results Investor Presentation: QVM149 Asthma Clinical Trials Phase 3 Expected Completion: “Q2-Q3 2019”. Expected Pipeline Milestones: QVM149 Asthma (EU / JP) “2019 H2 Submission”. Potential Blockbuster Launches: QVM149 Asthma “2020 launch”. (1/30 Presented)
※Sosei Heptares:”Strong Results form Our Partner Novartis Today. Multiple Potential Blockbusters in the Pipeline, Including QVM149! ” (1/30)
※Sosei Heptares:”Our Partner Allergan Demonstrating Strong Commitment to CNS with 13 Programs in the Pipeline, Including M1 and M4! ” (1/30)
・・・

6 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:33:47.72 ID:Ajc8wsJk0

※Sosei Heptares:「口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ錠口腔用 50mg」国内発売のお知らせ」(1/31 15:00)
当社は、当社の100%子会社である株式会社そーせいが製造販売承認を取得した口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ錠口腔用 50mg」について、販売提携先である富士フイルム富山化学株式会社が2019年2月4日より発売することを、お知らせいたします。
本剤は免疫機能の低下した患者さま等に発症する口腔咽頭カンジダ症を治療する抗真菌剤であるミコナゾールの1日1回投与の口腔粘膜付着型の新剤形医薬品です。口腔内に有効成分を長時間持続的に放出するよう設計されています。
そーせいは、本剤の日本における独占開発販売権を、2011年5月にフランスの製薬会社BioAlliancePharma社より取得後、2018年9月21日、国内医薬品製造販売承認を取得しました。
本剤は、2006年10月に初めてフランスで承認され、現在欧州2ヵ国および米国においてLoramyc/Oravigの登録商標で販売されています。
本剤の国内販売については、富士フイルム富山化学へ独占販売権を付与しており、そーせいは、販売開始後、ロイヤリティおよび予め決定された販売目標達成時に、マイルストンを別途受領できる権利を持っています。
そーせいの代表取締役社長 安井忠良は以下のように述べています。
「今般、本剤の販売を開始する運びとなり、大変うれしく思います。
本剤の特徴である徐放化製剤技術を活かし、ミコナゾールの効果を最大限に引き出すことで、患者さまにとって有益な新たな治療法をご提供できると確信しています。
本剤の販売は富士フイルム富山化学が行いますが、同社と協力して販売に努め、患者さまの健康・生活の質の向上に貢献したいと考えています。」
尚、本件にともなう当社の今期業績予想への影響は軽微であると見込んでいます。

7 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:34:02.33 ID:Ajc8wsJk0

・・・

8 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:34:58.42 ID:Ajc8wsJk0

※大日本住友製薬2019年3月期第3四半期決算 補足資料:(1/31 15:30)
主要製品の販売状況(北米):
・COPD治療剤(導入3製品):2018年度3Q実績:4億円 (2017年度3Q実績4億円)、増減額:0億円、増減率6.8%、対通期進捗率:67.8%、2018年度通期予想:6億円。

9 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:35:38.79 ID:Ajc8wsJk0

・・・

10 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:36:32.65 ID:Ajc8wsJk0

Update:
・・・
※Sosei Heptares_HP:企業情報:経営陣:シニアマネジメント:「ジェイムス・テイラー:シニア・ヴァイス・プレジデント 事業開発」追加。豊富なビジネス戦略の経験と、医薬品、バイオテクノロジー分野においての確固たる実績を持つ事業開発部のシニアヴァイスプレジデント。(12/20up)

※Sosei Heptares_HP:企業情報:経営陣(Management Team):シニアマネジメント(Senior Management Team):「ピッパ・エバンス(Pippa Evans):人事部門ヘッド(Group Head of Human Resources)」追加。(1/31up)
・2018年8月より人事部ヘッドに就任。HRストラテジー、リーダーシップ開発において優れた実績と15年以上の人事経験を持つ。
・これまで、HSBC、 BNP パリバ、 リバティー・ミューチュアル、シュローダー・アッセト・マネジメントといった国際的な金融機関の人事開発に携わり、直近ではFCA(Financial Conduct Authority: 金融行動監視機構)に在籍。
・2015年に医薬品業界に移り、ブリストル・マイヤーズ・スクイプ社で研究開発部、セールスマーケティング部など英国の主要な部門の人事開発を支援した。職業心理学の修士号、エグゼクティブコーチ(管理職指導者)の資格を持つ。

11 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:37:08.74 ID:Ajc8wsJk0

・・・

12 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:37:53.87 ID:Ajc8wsJk0

Heptares Patent update:
・・・
※米国特許(Heptares):1,2,4-Triazine-4-Amine Derivatives (US Patent 10112923B2). (10/30公開)
※日本特許出願(Heptares):CGRP受容体アンタゴニスト (JP2018-532788A, JP2018-532789A, JP2018-532790A)。(11/8公開)
※米国特許(Heptares):Methods for Screening for Binding Partners of G-Protein Coupled Receptors (Inventors: Heptares& MRC LMB) (US Patent 10126313B2). (11/13公開)
※日本特許(Heptares):「オレキシン受容体アンタゴニスト」【特許6424285B2】。(11/14公開)
※米国特許出願(Heptares):Muscarinic Receptor Agonists (US20180327426A1). (11/15公開)
※日本商標(Sosei):「SoseiHeptares」(商標登録 第6098235号)。(11/16登録)
※欧州特許出願(Heptares):Bicyclic AZA Compounds as Muscarinic M1 Receptor Antagonists (EP3406609A1). (11/28公開)
※欧州特許出願(Heptares):G Proteins (Inventors: MRC LMB) (EP3408286A1). (12/5公開)
※日本特許(Heptares):「ムスカリンM1受容体作動薬としての二環式アザ化合物」【特許6438091 B2】。(12/12公開)
※日本特許出願(Heptares):「ムスカリンM1及び/またはM4受容体のアゴニストとしてのオキシム化合物」(JP2018-536653A)。(12/13公開)
※国際特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (WO/2018/229511A1). (12/20公開)
※米国特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (US20180362507A1). (12/20公開)
※米国特許出願(Heptares):Orexin Receptor Antagonists (20180370961A1). (12/27公開)
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226B2). (2019/1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272B2). (2019/1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284B2). (2019/1/1公開)
※米国特許(Heptares):Stable Proteins (US Patent 10174101 B2). (2019/1/8公開)
※欧州特許(Heptares):Mutant Proteins and Methods for Selecting Them (Inventors: Heptares& MRC LMB) (European Patent EP2247951 B1). (2019/1/9公開)

13 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:38:25.24 ID:Ajc8wsJk0


※米国特許出願(Heptares):”G PROTEINS”. (2019/1/31公開)
・Document Type and Number: United States Patent Application 20190032033 A1.
・Publication Date: 2019/1/31.
・Assignee: Heptares Therapeutics Limited.
Inventors:
・Carpenter, Byron (MRC LMB)
・Leslie, Andrew (MRC LMB)
・Nehme, Rony (MRC LMB)
・Tate, Christopher Gordon (MRC LMB)
・Warne, Antony (MRC LMB)
Abstract:
The invention provides a mutant of a parent heterotrimeric G protein alpha (Gα) subunit, which mutant
(i) lacks at least one helix of the helical domain of the parent Gα subunit;
(ii) is capable of binding to a GPCR in the absence of a heterotrimeric G protein beta (Gβ) subunit and a heterotrimeric G protein gamma (Gγ) subunit; and
(iii) has an amino acid sequence that contains one or more mutations compared to the amino acid sequence of the parent heterotrimeric Gα subunit, which mutations are selected from a deletion, a substitution and an insertion.

14 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:39:04.24 ID:Ajc8wsJk0

・・・

19 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:30:46.93 ID:Ajc8wsJk0

Twitter update:
※Sosei Heptares 30分前:”Sosei Heptares to launch ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg for Oropharyngeal Candidiasis in Japan”. View press release. (1/31)

16 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:53:00.13 ID:cf+1wina0

全然上がらんのな

17 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:14:22.13 ID:2wPUxGlg0

チサンオツ

18 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:29:03.37 ID:5ZXyXrJA0

最近直ぐ落ちるな・・

15 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 18:40:29.33 ID:QcB4QZFk0

カンダタ

20 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:31:29.51 ID:Ajc8wsJk0

・・・
※あすか製薬 平成31年3月期第3四半期決算 (2/5)
※富士フイルムホールディングス2019年3月期第3四半期決算 (2/7)
※関西バイオビジネスマッチング2019:売り手企業(事前設定商談) JITSUBO株式会社:「ポスター展示:売り手企業の製品・技術PR」(2/8 10:30-17:30)、「売り手企業ショートプレゼンテーション」(2/8 11:00-12:40)、「個別商談会」(2/8 13:30-17:30)
※LIP.横浜オープンイノベーションカンファレンス“クロスイノベーションによるライフサイエンス産業の新たな展開”:ポスター出展 JITSUBO株式会社。(2/8 13:30-17:00)
※Sosei Group 2018年12月期決算発表 (2/12)
※Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 17:30-20:30) (Host: Heptares. Location: Granta Park): “Trends in Electron Cryomicroscopy”: Richard Henderson (17:35-16:35 Presenting), Stacey Southall, Sosei Heptares. (18:55 Presenting)
※PeptiDream平成31年6月期第2四半期決算発表 (2/13)
※AstraZeneca Full-Year 2018 Results. (2/14)

21 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:32:01.97 ID:Ajc8wsJk0

※SMi’s 10th Annual RNA Therapeutics 2019, London: ”Small Activating RNA – from Bench to Bedside”: David Blakey, Chief Scientific Officer, MiNA Therapeutics. (2/21 14:20 Presenting)
※サイエンス&テクノロジー社セミナー:「ペプチド医薬品原薬の合成方法と不純物管理およびスケールアップ製造における注意点」講演:JITSUBO株式会社。(2/25 13:00-16:30)
※Keystone Symposia Cancer Immunotherapy: Mechanistic Insights to Improve Clinical Benefit, Canada: MiNA Therapeutics. (3/10-14)
※Morphosys 2018 Year End Results. (3/13)
※四季報更新 (3月中旬)
※国際医薬品開発展-CPhI Japan 2019-:JITSUBO出展 (3/18-20 10:00-17:00)。JITSUBO技術セミナー「Molecular Hivingを用いたペプチド医薬品原薬の低コストな製造方法」(3/20 11:45-12:15)
※Sosei Group定時株主総会 (3月)
※Vectura Preliminary Results 2018 Presentation. (3/26)
※Fragments 2019: 7th RSC-BMCS Fragment-based Drug Discovery Meeting, Cambridge: “Enabling FBDD for GPCRs with Protein Engineering and Biophysics”: Rob Cooke, Sosei Heptares, . (3/26 14:15 Presenting)
・・・

22 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:32:35.62 ID:Ajc8wsJk0

※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/_4/25 (終値_515) 売残高144800 買残高_4212800 ・(2014/_4/22最安値_464)※[拾い場]中長期計画・野村レポート[成長回収期の入口]
2015/_2/20 (終値_945) 売残高_56800 買残高_6123200 ・(2015/_3/16最安値_713)※Heptares買収[成功の序章ステージ]
2015/10/30 (終値1080) 売残高_45600 買残高_8871600 ・(2015/_9/24安値_888)※Utibron米国承認[次なる飛躍ステージへ]※Pfizer提携[上抜け圏へ]
2016/_4/25 (終値5808) 売残高159200 買残高13619600 ・(2016_5/_9最高値6545)※Allergan提携[強気相場]
2016/_6/24 (終値3680) 売残高_42000 買残高_9944400 ・(2016/_6/24安値3240)※日々公表解除[強気相場解除]※[時間軸での調整局面へ]

23 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:32:56.40 ID:Ajc8wsJk0

2017/_3/31 (終値2720) 売残高_22400 買残高10487200 ・(2017/_4/_4安値2570)※[上抜け圏での時間軸調整は順調に推移]※[振るい場・拾い場へ]
2017/_9/_8 (終値2175) 売残高__7600 買残高_8151200 ・(2017/_9/_6最安値2147)※[拾い場も順調に推移]
2018/_1/26 (終値3053) 売残高__3600 買残高_5716400 ・(1/22安値2740)※信用買残減少[振るいも順調に推移]
2018/_3/_9 (終値2378) 売残高_42000 買残高_7177600 ・(3/_5安値2195)※自社開発PL拡充[悪地合いにて再びの拾い場へ]
2018/_6/_8 (終値1700) 売残高104800 買残高_8714800 ・(6/_7安値1618)※空売り価格規制トリガー(5/11安値1665, 6/5安値1695, 7/2安値1584, 7/3安値1414)
2018/_8/17 (終値1265) 売残高__6600 買残高_6960600 ・(8/16安値1185)
2018/_9/14 (終値1802) 売残高_42000 買残高_6658900 ・(9/21安値1030)※9/18:HTL18318自主的中断※2連ストップ安比例配分(9/19安値1424, 9/20安値1124)
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/30安値835)※
2018/11/_9 (終値1135) 売残高134700 買残高_6853700 ・(11/_5安値_918) ※11/8第2四半期決算説明会[11/9ストップ高]
2018/12/28 (終値_799) 売残高______ 買残高________ ・(12/25最安値748)※

24 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:33:30.99 ID:Ajc8wsJk0

2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780)※[大発会]
2019/_1/11 (終値1110) 売残高__9300 買残高_6321800 (+160200) ・(1/_7安値_898) ※1/7:AZD4635第相[1/8ストップ高]
2019/_1/18 (終値1310) 売残高_22600 買残高_5926200 (-395600) ・(1/15安値1093)
2019/_1/25 (終値1187) 売残高_37200 買残高_6554800 (+628600) ・(1/23安値1113) ※1/21空売り価格規制トリガー抵触
2019/_1/28 (終値1127) 5日線乖離(_-3.71%) 25日線乖離(+10.05%) 75日線乖離(+10.03%) 200日線乖離(-19.90%) (安値1115)
2019/_1/29 (終値1122) 5日線乖離(_-3.91%) 25日線乖離(_+8.66%) 75日線乖離(_+9.68%) 200日線乖離(-19.95%) (安値1099)
2019/_1/30 (終値_998) 5日線乖離(_-11.10%) 25日線乖離(_-3.84%) 75日線乖離(_-2.19%) 200日線乖離(-28.48%) (安値_985) ※1/30空売り価格規制トリガー抵触
2019/_1/31 (終値1013) 5日線乖離(_-7.01%) 25日線乖離(_-2.94%) 75日線乖離(_-0.60%) 200日線乖離(-27.09%) (安値1005)

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

25 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:34:30.89 ID:4LEQdwUWM

株価は無風。ひょっとしたらマイナス引けあるかもよ。はよ大型導出こい!

26 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 19:59:57.91 ID:Ajc8wsJk0

・・・

27 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 20:00:10.11 ID:Ajc8wsJk0

※富士フイルム富山化学News Release:「国内初となる口腔粘膜付着型の抗真菌剤 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg」新発売のお知らせ」(1/31 19:30)
富士フイルム富山化学株式会社は、口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg」を、2月4日より発売いたします。
「オラビ®錠口腔用50mg」は、国内初となる口腔粘膜付着型の抗真菌剤です。
口腔咽頭カンジダ症は、主として真菌(*1)に属するカンジダ・アルビカンスにより引き起こされる口腔および咽頭内の真菌感染症です。
悪性腫瘍に対する放射線療法や抗がん剤投与、副腎皮質ホルモン(ステロイド)の長期投与などにより免疫機能が低下した方に多くみられます。
症状としては、舌の疼痛、灼熱感、味覚異常等の症状、白苔形成、紅斑病変、口角炎などがみられます。
「オラビ錠口腔用50mg」は、口腔咽頭カンジダ症を治療する抗真菌剤「日局ミコナゾール(*2)」の新剤形医薬品で、
錠剤を口腔粘膜に付着させることにより、口腔内に有効成分を長時間、持続的に放出できるように製剤設計を行った口腔粘膜付着錠です。
1日1回投与のため、服薬を管理しやすくなることが期待されます。
本剤は、フランスの製薬会社BioAlliance Pharma社(現Onxeo社)が開発し、2006年にフランスで承認されました。
現在では、米国および欧州2ヵ国においてOravig/Loramycの登録商標で販売されています。
国内では、株式会社そーせいが2018年に本剤の製造販売承認を取得。富士フイルム富山化学が販売を担います。
富士フイルム富山化学は、高付加価値な医薬品の開発・製造・販売を通じて、医療のさらなる発展に貢献していきます。

(*1). 真菌とは、カビや酵母などの総称。
(*2). 日局ミコナゾールは、30年間以上にわたって臨床使用され日本薬局方に収載されている、抗真菌剤の有効成分です。
日局ミコナゾールを用いて、経口剤や注射剤など様々な剤形の医薬品が開発・上市されています。

28 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 20:00:42.73 ID:Ajc8wsJk0

販売名:オラビ錠口腔用50mg
成分・含量:日局ミコナゾールを50mg含有
効能・効果:カンジダ属による口腔咽頭カンジダ症
用法用量:通常、成人には1回1錠(ミコナゾールとして50mg)を1日1回、上顎歯肉(犬歯窩)に付着して用いる
承認日:2018年9月21日
薬価基準収載日:2018年11月28日
販売開始日:2019年2月4日
薬価:1181.70円/1錠
包装:14錠(乾燥剤入りプラスチックボトル)
製造販売元:株式会社そーせい
販売元:富士フイルム富山化学株式会社

http://fftc.fujifilm.co.jp/information/detail/pack/pdf/190131_01.pdf

29 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 20:01:00.46 ID:78SaWLaYM

ちさんおつ

30 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 20:01:14.42 ID:Ajc8wsJk0

Update:
※富士フイルム富山化学:製品情報:口腔咽頭カンジダ症を治す薬「オラビ錠口腔用50mg」(更新) (1/31update)
・オラビ錠口腔用50mgの使用方法:http://fftc.fujifilm.co.jp/products/therapeutic/oravi/index.html

31 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 20:18:53.23 ID:SQtgwjrs0

連投と長文禁止にしてくんねーかな

32 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 20:41:05.28 ID:R4hz2qSUa

NGにしとけばいいじゃん
そんな簡単なこともできないって猿かよw

33 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 20:55:59.93 ID:kHFxGiP80

そいつはNGの使い方も英語も全く分からない底抜けの馬鹿ちんなのよw

35 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 21:50:21.99 ID:NDhELLvBa

マザーズ先物大暴落

37 :山師さん@トレード中 :2019/01/31(木) 23:17:35.75 ID:BveSiAwQ0

ぺプタレスって、どれぐらい特許あんねん

42 :山師さん@トレード中 :2019/02/01(金) 06:00:51.70 ID:mvmayKn70

※AstraZeneca Q3 2018 Earnings Release: Clinical trials Appendix Q3 2018 Results Update: (11/8)
・Movement since Q2 2018 update: “New to Phase II: NME, AZD4635 (A2aR: inhibitor solid tumours)”
・Q3 2018 New Molecular Entity Pipeline: “Phase II (Oncology, Small molecule): AZD4635 (A2aR inhibitor solid tumours)”
・Q3 2018 Lifecycle Management Pipeline: “Phase I (Oncology Combinations): oleclumab+AZD4635 (CD73+A2aR EGFRm NSCLC)”
・AZD4635 (A2AR inhibitor): Phase I (NCT02740985): FPCD: Q2 2016, “Data Anticipated: H1 2019”.
・Oleclumab (MEDI9447, CD73 mAb): Phase I/II (NCT03381274): Oleclumab IV + A2AR(AZD4635): FPCD: Q2 2018, “Data Anticipated: 2020+”.
※ClinicalTrials(NCT03710434): “A Phase I, Open-Label Study to Assess the Pharmacokinetics and Relative Bioavailability of AZD4635 in Non-Smoking Healthy Male Subjects, With the Option to Assess Food Effect, pH Effect and Absolute Bioavailability”. Record Verification. (12/4update)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Change “Eligibility”. (12/11update)

45 :山師さん@トレード中 :2019/02/01(金) 06:48:43.30 ID:MQZcZK0cM

サンバイオよるかな?

48 :山師さん@トレード中 :2019/02/01(金) 07:37:57.37 ID:sReNNCvz0

そーせいのようにじりじり下げられるより
サンバイオのように即アウトにしてもらった方が
時間を無駄にしない分いいよな。

50 :山師さん@トレード中 :2019/02/01(金) 08:23:26.88 ID:RHEy9ez+0

ここサンバイオショックに巻き込まれてないね
下がれば買いたいんだが

54 :山師さん@トレード中 :2019/02/01(金) 08:36:24.76 ID:jIqftpAJ0

成り売り8.5万株とか印象操作にも程があるな
空売り外資も必死だわ

59 :山師さん@トレード中 :2019/02/01(金) 09:58:18.17 ID:upU6vDE5a

オラビはまあ、影響は少ないがマイルもあるし、それなりに美味しい
注目はサンバが寄ってからかな
しっかしマザ先はそーせいにとってマイナスにしかなっていない気がするなあ

70 :山師さん@トレード中 :2019/02/01(金) 12:59:36.10 ID:S+rUHtbpp

マイ転だな
しばらく下がりそう

77 :山師さん@トレード中 :2019/02/01(金) 15:03:28.64 ID:Sk21fc7xa

>>76
サンバ一人で死んでくれ。

109 :山師さん@トレード中 :2019/02/02(土) 07:25:05.54 ID:jWgoyYQU00202

何処かのメルマガ?
ヤホーサンバに貼ってあげれば
此の期に及んで買い煽ってる異常者から
一人でも追加の犠牲者を増やさずに済むかもしれないので

200 :山師さん@トレード中 :2019/02/04(月) 16:31:36.89 ID:kKVyKBv60

>>199
説明してけれ

245 :山師さん@トレード中 :2019/02/04(月) 21:22:17.81 ID:Gfsrsuc/d

>>244
ほんとにもうゆるしてくだちい

305 :山師さん@トレード中 :2019/02/05(火) 16:54:37.37 ID:Qwuall2s0

東証マザーズにいつまでもいても埒が明かないという結論はすでに出てると思う。

412 :山師さん@トレード中 :2019/02/06(水) 21:16:34.99 ID:tIGAlB3O0

>>411
そーせいcvc案件か
いやこれかなり良いんじゃないの?

512 :山師さん@トレード中 :2019/02/08(金) 06:59:55.50 ID:sNulR2m+0

ここにいる痛い目にあった連中でsecに毎日電話すりゃいい。
株価操作してるの見え見えなんだから。
俺は何度もかけたが一人でやってもあのバカどもは動かないんだよ。

600 :山師さん@トレード中 :2019/02/09(土) 19:41:56.23 ID:S3D2eA6o0

黒なら買い増し
赤ならナンピン

俺に隙はない

863件をまとめました。
最新情報はこちら



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク